ガーデニング誌ビズ・オフィシャルサイト

ガーデニングフォトギャラリー


編集部ブログ

編集部ブログ一覧

2018年10月16日【 執筆者・八木 波奈子 】

日々を美しく。理想を生きた手づくりの暮らし。
——スウェーデンの画家、カール・ラーション展——

「カール・ラーション スウェーデンの暮らしを芸術に変えた画家」展が損保ジャパン日本興亜美術館で開かれています。 1994年、BISESが現地取材をして編集した大特集「画家カール・ラ...[ 続きを読む ]

 
2018年09月19日【 執筆者・八木 波奈子 】

2018年10月13日に講演会が東京で開かれます。

「江東区がCIGを目指す!
CITY IN THE GREEN=緑の中の都市づくりを目指す」

東京都・江東区は住人の85%がマンション&アパート生活者だそうです。その江東区がベランダ緑化をテコに、大々的な区全体の緑化政策をスタートさせました。目指すはCIG, まちづくりや都市再生の標語に使われる新しいフレーズで「...[ 続きを読む ]

 
2018年09月04日【 執筆者・八木 波奈子 】

マギーズ東京と花畑

マギーズ東京のガーデニング・プロジェクトが、どんどん進んでいます。8月9日のご報告以来、しばらく日にちが空いて、今日、ガーデンデザイナーの大滝暢子さんから、先日開かれたイベントの様子が送られてきました。東京・豊洲にあ...[ 続きを読む ]

 
2018年08月17日【 執筆者・八木 波奈子 】

奈良県王寺
初代ビズ・ガーデン大賞グランプリ受賞者
         —————吉村治代さん

21年を経た庭のある暮らしを尋ねる
             撮影:山口幸一

1997年冬号(No.34) 全国規模で行われた日本初となるガーデンコンテストでした。BISES創刊から5年になるこの年、吉村治代さんは「小さな庭部門」545作品の中で...[ 続きを読む ]

 
2018年08月09日【 執筆者・八木 波奈子 】

東京・江東区豊洲で始まった
新たなコミュニティガーデン活動
<マギーズ東京・ガーデニングプロジェクト>

「みんなで作るみんなの庭」コミュニティガーデン活動が、東京のビル街や住宅密集地でも盛んに行われていることは、驚くべきことです。マンションの前庭や殺風景な公園の一角、高齢...[ 続きを読む ]

 
2018年06月06日【 執筆者・八木 波奈子 】

第6回ビズ・ガーデン大賞グランプリ受賞
「橋野美智子さんの庭」訪問記(和歌山県)

地方公務員の夫妻が畑地転用で作った驚きの大庭園 撮影:山口幸一 山の上まで続くミカンの段々...[ 続きを読む ]

 
2018年05月22日【 執筆者・八木 波奈子 】

国際バラとガーデニングショウ

もう20回を迎えた国際バラとガーデニングショウに行って来ました。かなり良い感じで、皆んな...[ 続きを読む ]

 
2018年04月20日【 執筆者・八木 波奈子 】

朝倉彫塑館、もうひとつの見所
オリーブの大木が育つ屋上ガーデン

彫塑家・朝倉文夫(明治16年—昭和39年)は庭と園芸をとても大切にした人でした。東京の台東区谷中にある「朝倉彫塑館」は自ら設計した住居とアトリエを兼ねた建物で、外観からは想像出来ない、異彩を放つ水の庭と屋上...[ 続きを読む ]

 
2018年04月05日【 執筆者・八木 波奈子 】

アール・デコ・リヴァイヴァル!
大改修をおえて、東京都庭園美術館で記念展開催

3月28日の夕刻から目黒の東京都美術館で、「アール・デコ・リヴァイヴァル!」の内覧会が開かれました。西洋庭園の整備、アール・デコ様式の重要文化財旧朝香宮邸内(美術館本館)のエレベーター設置、新しいレ...[ 続きを読む ]

 
2018年01月23日【 執筆者・八木 波奈子 】

至上の印象派展
ビュールレ・コレクション

世界有数のフランス印象派絵画のプライベート・コレクションであるビュールレ・コレクションが、いよいよ日本で公開されます。 2月14日から始まる東京展から、5月の福岡、7月の名古屋へと巡回します。 スイスの実...[ 続きを読む ]

 

執筆者プロフィール

ガーデニング誌『BISES』の元編集長。創刊から休刊までの146冊、25年間務めました。1997年流行語大賞トップ10に選ばれた「ガーデニング」は、私が全国に広めた言葉です。これはGARDENINGをカタカナにしたもので、造語ではありません。今では日本語として立派に定着しましたね。